ひつじ博士のダイエット講座

博士(医学)が最新の科学に基づいたダイエットを紹介

【専門家が解説】夜の食事は太るってホント?ダイエット中でもOKな夜食とは

この記事をシェアする

夜 食事 ダイエット

はじめに

「夜遅くに食べると太る」

ダイエット中の方なら、一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか?

仕事で帰りが遅くなったり、夜に小腹が空いてしまったり… …

夜の食事との付き合い方は、ダイエット成功の鍵を握ると言っても過言ではありません。

しかし、実際のところ、夜に食べると本当に太りやすいのでしょうか? 

今回は、医学博士の視点から、夜食とダイエットの関係について徹底的に解説します。

夜食が太るメカニズムや、ダイエット中でも安心して食べられる夜食レシピまでご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なぜ夜食は太りやすいと言われるの?

夜食が太りやすいと言われる理由は、主に以下の3つが挙げられます。

1. BMAL1(ビーマルワン)

  • BMAL1は、脂肪を蓄積しやすくするタンパク質の一種です
  • このBMAL1は、夜に多く分泌されるため、夜食は脂肪として蓄積されやすいと言われています

2. 消費カロリーの低下

  • 夜は活動量が減り、消費カロリーも低下します
  • そのため、夜に食べたものはエネルギーとして消費されにくく、体脂肪として蓄積されやすくなります

3. 睡眠の質の低下

  • 寝る直前に食事をすると、消化活動により睡眠の質が低下することがあります
  • 睡眠不足は、食欲を増進させるホルモンの分泌を促し、結果的に太りやすくなる可能性があります

 

夜食がNGなタイミングとは?

夜食が特にNGなタイミングは、寝る直前です。

寝る直前に食事をすると、睡眠中に消化活動が行われるため、睡眠の質が低下しやすくなります。

また、食べたものがエネルギーとして消費されずに、体脂肪として蓄積される可能性も高まります。

ダイエット中でもOKな夜食の選び方

では、ダイエット中でも夜食を食べることはできるのでしょうか?

答えは、YESです。

ただし、夜食の内容や食べるタイミングには注意が必要です。

ダイエット中でも安心して食べられる夜食を選ぶポイントは以下の通りです。

  1. 低カロリーであること
  2. 消化が良いこと
  3. たんぱく質を摂ること
  4. 寝る2~3時間前に食べること

これらのポイントを押さえることで、夜食を食べても太りにくく、むしろダイエットをサポートすることができます。

 

おすすめの夜食レシピ

ダイエット中でも安心して食べられる、おすすめの夜食レシピを3つご紹介します。

レシピ1:豆腐とわかめの味噌汁

材料

  • 豆腐:1/2丁
  • わかめ:適量
  • 味噌:大さじ1
  • だし汁:200ml

作り方

  1. 豆腐は食べやすい大きさに切る
  2. わかめは水で戻しておく
  3. 鍋にだし汁を入れて火にかけ、沸騰したら豆腐とわかめを加える
  4. 味噌を溶き入れて、ひと煮立ちさせたら完成

レシピ2:納豆キムチ卵かけご飯

材料

  • 納豆:1パック
  • キムチ:適量
  • 卵:1個
  • ご飯:茶碗1杯

作り方

  1. 納豆に付属のタレとからしを混ぜる
  2. キムチを刻む
  3. ご飯に納豆、キムチ、卵をのせて混ぜ合わせたら完成

レシピ3:ヨーグルトとフルーツのグラノーラ

材料

  • ヨーグルト:150g
  • フルーツ(バナナ、キウイなど):適量
  • グラノーラ:30g

作り方

  1. フルーツを食べやすい大きさに切る
  2. ヨーグルトにフルーツとグラノーラを混ぜ合わせたら完成

 

夜食に関するQ&A

Q. 夜中にどうしてもお腹が空いてしまう場合はどうすれば良いですか?

A. 温かい飲み物(白湯、ハーブティーなど)を飲んでみましょう。 また、少量のナッツやヨーグルトなどを食べるのもおすすめです。

Q. 夜食は毎日食べても良いですか?

A. 毎日食べることはおすすめしません。 どうしてもお腹が空いてしまう場合は、週に2~3回程度にとどめましょう。

Q. 夜食を食べるときは、何を飲めば良いですか?

A. 水やお茶など、ノンカロリーの飲み物がおすすめです。

まとめ:夜食との付き合い方を見直そう

夜食は、太る原因になることもあれば、ダイエットをサポートしてくれることもあります。 

夜食の内容や食べるタイミングに注意し、賢く付き合うことで、ダイエット成功に近づきましょう。

今回の記事を参考に、ぜひご自身のライフスタイルに合った夜食を見つけてみてください。