ひつじ博士のダイエット講座

博士(医学)が最新の科学に基づいたダイエットを紹介

体の痛み、回復、減量のための筋膜リリースガイドとは

筋膜はがし、筋膜リリース

はじめに

あなたは、腰や肩、腕が痛い、体が硬い、または関節の動かしにくさを感じたことはありますか?

特に激しい運動をしたわけでもないのに、朝起きたら急に体の特定の部位に違和感を感じたことがあるかもしれません。

もし、あなたが日常的に感じていた腰痛や肩こりなどから解放され、自由な体に戻りたいと感じていたら、アクティブリカバリーを試してみてください。

この記事では、体の柔軟性と可動域を高めて新鮮な血液を循環させ、あなたを痛みや不具合からリリースするエクササイズのやり方を紹介します。

筋膜はがし?リリース?アクティブリカバリーとは

NHKのためしてガッテンなどのテレビ番組で話題になった筋膜はがしなどのアクティブリカバリー方法は、筋肉をほぐして血液の流れを改善し、原因不明の腰や肩、腕や太ももなどの痛みを減らす可能性があります。

筋肉と関節の回復は、体全体の健康と健康的な運動習慣にも不可欠な要素です。

厳密には筋膜を筋肉からはがすわけではありませんが、この柔軟性とあわせたエクササイズをすることで、関節を柔らかくして可動域を広げ、筋肉の損傷を回復させることができます。

この筋膜リリースによって、体の痛みの軽減、関節の動かしやすさの向上、そして目標とする減量の達成まで、これらの要素がどのように絡み合うのかを学びましょう。

 

アクティブリカバリーによって、あなたの潜在能力を最大限に引き出すことの利点

リフレッシュしてエネルギッシュに目覚め、一日のタスクを簡単に征服する準備ができている自分を想像してみてください。

子供と遊んでいるとき、山道をハイキングしているとき、あるいは単に日常の仕事を行っているときに、優雅にそして簡単に動いている自分を想像してみてください。

アクティブリカバリーを行うことで、あなたが期待できることを以下に示します。

  • 関節の健康改善:柔軟性の向上は関節へのストレスを軽減し、怪我や慢性的な痛みのリスクを軽減します。
  • 運動能力の向上:より良い関節の可動域はより効率的な動作パターンを意味し、より大きな強さ、パワー、そして持久力のアップにつながります。
  • より速い回復:的を絞った回復技術は治癒を促進し、運動や怪我からの回復を早めます。また日常生活の疲れもとりやすくなります。
  • エネルギーレベルの向上:アクティブリカバリーはあなたのエネルギーと活力を大幅に向上させ、より活気に満ちた気分にさせてくれます。
  • 自信の高まり:慢性的な痛みのない自分の体は、気分が良くして人生を変えるものであり、健康である肉体は肯定的な自己イメージに貢献します。

アクティブリカバリーのやり方

ここでは自宅でもできる、アメリカのクラスで紹介される方法をご紹介します。

  • キャットカウ:息を止めずに、背中を反らせたり丸めたりする動作を交互に行います。猫の動きをイメージしてください。
  • チャイルドポーズ:赤ちゃんがハイハイするように、四つん這いにのまま手を動かすことで、背中と肩をストレッチします。
  • フロアエンジェル:仰向けに寝て、腕を頭の上に動かします。肘と手首を床に触れないくらい近づけると効果が高いです。
  • スパインストレッチ:ベンチの前にひざまずき、肘で押さえつけながら、背中をわずかにアーチ状にして伸ばします。

筋膜リリースと痛みと関節の可動域について

関節周辺の筋肉のコリは、関節の動きを妨げて、血流を悪くして、痛みの原因になり得ます。

関節周りの筋肉をほぐす方法:

  • 動的ストレッチ:ラジオ体操など動きを伴うストレッチを取り入れましょう。例としては、腕回し、脚振り、胴体のひねりなどがあります。
  • フォームローリング:フォームローラーを使用して筋肉をマッサージし、緊張をほぐすことで、関節の可動性が向上する可能性があります。
  • ヨガとピラティス:これらのプラクティスは、柔軟性、強さ、そして身体意識に焦点を当てており、これらすべてが筋肉の開放に貢献します。

まとめ

あなたの肉体の可能性を最大限に引き出すことは、単にダイエットのためだけではなく、幸福な日常生活を送るために欠かせません。

筋膜はがしなどのアクティブリカバリーは、全身に新鮮な血液を循環させるのに十分な動きを行い、組織を徐々に温めるように設計されています。

これは、組織の炎症を軽減し、回復プロセスを加速させるのに役立ちます

ただ寝るだけではなく、低負荷でありながら非常に効率的なエクササイズによって、血流と筋肉の回復を促すのです。

最も健康的であった頃のあなた自身に戻ることをためらわないでください。