ひつじ博士のダイエット講座

博士(医学)が最新の科学に基づいたダイエットを紹介

ラッキングとは?街や自然の中でのダイエットガイド

ラッキング、トレッキング

はじめに

ダイエットが終わりのない停滞期に突入していますか?

同じ設備しかないジムに通うのにも飽きて、退屈な運動習慣を変えたいと思いますか?

アメリカで流行するダイエット方法であるラッキングが、その答えかもしれません。

ラッキングは、驚異的なカロリー消費量と全身の健康上の利点から、米国で爆発的に人気が高まっています。

この記事では、ラッキングによるダイエットについて深く掘り下げ、テクニック、ギア、気になる点など、あなたに必要な情報のすべてを提供します。

ラッキング(rucking)とは何ですか?

まず、ラッキングとは何かからお話しします。

とは言っても、それ自体は皆さんにもとても馴染みのあるものだと思います。

荷物を入れて背中に背負って運ぶための袋を何と呼びますか?

そう、リュックサックですね。英語では rucksack 発音もラックサックになります。

ラッキングとは、長距離、長時間の移動に十分な装備をリュックサックに詰めて行うハイキングのことです。

アメリカでは、トレッキングという言い方のほうが通じます。

ただしラッキングは、ただの気楽な散歩ではありません。

アメリカの軍隊であるアーミーやネイビーでは、数十年もの間、ラッキングによって軍人に必要な体力、持久力、精神的な強さを構築するために利用してきました。

 

なぜダイエットにラッキング?

最も基本的はラッキングは、水や食料、雨や霧などの天候の変化に対処するための予備の服装といったギアをバックパックを背負って歩くというものです。

  • 大量のカロリー燃焼:ラッキングを、ハイキングとウェイトトレーニングのハイブリッドと考えてください。追加された重量により、あなたの体はより多くのエネルギーを消費することを余儀なくされ、通常の歩行に比べて著しく多くの脂肪を燃焼します。あなたのペースとラッキングの重量によっては、1時間あたり500~1000カロリーも燃焼できる可能性があります!
  • 少ない衝撃:関節痛が心配ですか?ラッキングは瞬発力を必要としないため、膝や足首に優しい運動です。怪我をした人や、関節にダメージを与えずに体重を減らしたい人にとって最適な選択肢です。
  • 全身運動:ラッキングは、腕、脚、臀部、体幹、背筋、肩など、複数の筋肉群を動員し、全身の筋肉トレーニングとして筋肉の増強を促進します。
  • 精神的な強さ:長時間重いバックパックを背負うことは、回復力と忍耐力を養い、体重減少のための努力と、停滞期の限界を突破するのに役立ちます。
  • 多彩な景色:ラッキングはどこでもできます。自然の中、都会、さらには森や海岸でも。もう一つの駅や、もう一つの丘、さらなる距離を追加することで、運動の強度を高めることができます。

ラッキングを始める方法

1. ギアを選ぶ

  • バックパック:サポート力のあるベルト、十分な容量、重量を背中に均等に分散するように設計された調節可能なストラップを備えたバックパックまたはリュックサックを選びましょう。ナップサックは容量とバランスが悪いかもしれません。
  • 重さ:リュックサックの総重量は、体重の10%以下から始めましょう。長い時間の歩行に必要な水分を補給できる水筒やペットボトル、雨が降った時のためのレインコートや折りたたみ傘、履き替えようの靴下があれば十分です。
  • シューズ:快適でサポート力のあるウォーキングシューズやハイキングシューズが最適です。トレイル用の靴があれば十分ですが、滑りやすいスニーカーはおすすめできません。

2. 正しいテクニック

  • 姿勢:背筋を伸ばし、体幹を意識し、足首から少し前傾姿勢をとります。
  • 腕の振り:エネルギーを効率よく使うために、腕を自然に振ります。
  • ペース:ゆっくりと始め、徐々にスピードと時間を延ばしていきます。
  • 徐々に負荷を上げていく:最初は20~30分の短いラッキングを2回/週行います。背負う重量、歩く距離または時間を少しずつ増やして、怪我を防ぎます。

ラッキングに参加しよう

ラッキングは単なる運動ではありません。それはサポートしてくれる人たちでいっぱいのコミュニティです。

  • 地元のアウトドアクラブを探す:お住まいの地域のアウトドアやトレッキンググループをオンラインやソーシャルメディアで探しましょう。
  • オンラインコミュニティ:ソーシャルメディアのグループで仲間のラッカーとつながりましょう。ラッキングのヒント、みんなの挑戦、進捗状況を共有できます。
  • GORUCKイベントへの参加:主要なラッキングギアブランドであるGORUCKは、参加者を限界まで追い込むことで定評のある、挑戦的なラッキングイベントを開催しています。アメリカにお住まいの方であれば、挑戦する価値があります!

 

ラッキングに関するよくある質問

  • 私は初心者です。それでもラッキングはできますか?:もちろんできます。ゆっくりと始め、少しずつ重量、距離、運動の負荷を上げていきましょう。 
  • ラッキングは膝に悪いですか?:正しいフォームで行えば、ラッキングは一般的に関節に優しい衝撃の少ない運動です。

  • ダイエットのためにどれくらいの頻度でラッキングすればいいですか?:週に1~2回のラッキングが最適です。
  • 特別なラッキングギアは必要ですか?:専用のラッキング用バックパックは長期的に有益ですが、まずは普通のリュックサックで始めてみるのがいいでしょう。

まとめ

ラッキングで身体を変身させ、ダイエットの停滞期から自分を解き放つ準備はできていますか?

ラッキングを小さく始めて、継続性を重視し、歩ける距離が伸びたり背負える重量が増えたら、その過程の小さな勝利でも自分をほめてあげてください。

あなたのダイエット目標を一度に一歩ずつ達成していきましょう!