ひつじ博士のダイエット講座

博士(医学)が最新の科学に基づいたダイエットを紹介

ストレスがダイエットの敵!ストレスが与える体への影響と対策

お寺

はじめに

現代社会において、ストレスは誰もが抱える問題と言えるでしょう。

仕事、人間関係、家事など、様々な場面でストレスを感じることがあります。

そして、 ストレスはダイエットの大敵であることをご存知でしょうか?

ストレスは過食を促し、代謝を低下させ、満腹感を感じにくくする

ストレスを感じると、脳内では神経ペプチドYという物質が分泌されます。

この神経ペプチドYは、食欲を増加させ、エネルギー消費量を減少させる働きがあります。

また、ストレスは副腎皮質ホルモンの分泌を増加させます。

副腎皮質ホルモンは、脂肪細胞の脂肪蓄積を促進する働きがあります。

さらに、ストレスは満腹感を感じにくくするレプチンというホルモンの受容体を変化させます。

これらの作用により、ストレスを感じると過食になりやすく、脂肪が蓄積しやすくなり、ダイエットが難しくなってしまうのです。

 

ストレスは脳機能を低下させ、ダイエットを諦めやすくする

ストレスは、脳の記憶をつかさどる海馬を萎縮させてしまうため、脳機能の低下を招きます。

脳機能が低下すると、集中力や記憶力が低下し、意思決定力が弱くなります。

そのため、ストレスを感じているとダイエットを継続する気力が湧かなくなり、諦めてしまう可能性が高くなります。

ストレスを溜めないための対策

ストレスを完全に無くすことは難しいですが、溜め込まないようにすることは可能です。

以下に、ストレスを溜めないための対策をいくつか紹介します。

  • 適度な運動をする
  • 趣味に没頭する
  • 友人や家族と話す
  • 十分な睡眠をとる
  • リラックスできる音楽を聴く
  • アロマテラピーを取り入れる
  • 神秘的なパワースポットを訪れてみる

まとめ

ストレスはダイエットの成功を妨げる大きな要因です。

ストレスを溜めないように対策を行い、心身ともに健康的な状態でダイエットに取り組みましょう。