ひつじ博士のダイエット講座

博士(医学)が最新の科学に基づいたダイエットを紹介

ケトジェニックダイエットとは:減量への鍵となる食事

ケトジェニック

はじめに

ケトジェニック(ケト)ダイエットに関する話題は、アメリカでも無視できないほど盛り上がっています。

ケトジェニックをおすすめする人たちは、ケトは頑固な脂肪を燃焼させ、代謝を向上させ、さらにはつらくないダイエット方法だと熱狂しています。

しかし、人気のあるダイエットには必ず、嘘や誤解の波が押し寄せるものです。

この記事では、ケトジェニックダイエットの減量における真実と考慮すべき事項についてお伝えします。

ケトジェニックダイエットとは何ですか?

ケトジェニックダイエットは、高脂肪、適度なタンパク質、そして非常に低糖質(少量の炭水化物)の食事メニューにする減量方法です。

この炭水化物の劇的な削減により、体は主要な燃料源をグルコース(糖質由来)から、脂肪由来のケトン体へと切り替えようとします。

ケトン体は、肝臓が脂肪を分解するときに生成されます。

この代謝の状態を、ケトーシスと呼びます。

 

なぜ人々はケトを減量に選ぶのか?

  • 脂肪燃焼の促進:ケトーシスでは、体が脂質を消費しやすい体質となり、蓄積された脂肪をエネルギー源として積極的に利用します。
  • 空腹にならない:ケトン体には天然の食欲抑制作用があり、ダイエットを台無しにする耐えられない空腹感などの欲求を減らします。
  • インスリン感受性の向上:ケトダイエットは、筋肉のインスリン感受性を向上させることができ、少ない糖質を効率よく使うことができます。

ケトダイエットの始め方は?

  • 食事の栄養素の管理:典型的なケトジェニックダイエットでは、カロリーの約70〜75%を脂肪、20〜25%をタンパク質、5〜10%を炭水化物から摂取します。
  • 適切な食品の選択:健康的な脂肪(アボカド、ナッツ、シード、オリーブオイル)、魚、牛肉や豚肉、卵、チーズやバターなどの乳製品、葉物野菜を優先して食事に取り入れてください。
  • 糖質制限:穀物、デンプン質の多い根菜などの野菜、豆類、ほとんどの果物、ブドウ糖やショ糖などの糖分の摂取量を制限します。

減量以外のケトの利点

  • 集中力と頭の回転:ケトーシスに入ると脳機能の向上とブレインフォグの減少が起こると報告されています。
  • 安定した代謝:炭水化物が多い食事で起こる血糖値スパイクを回避することで、食後の眠気や空腹感を抑制し、一定のエネルギーを得ることができます。
  • 炎症の抑制:ケトダイエットには抗炎症作用があり、老化などのさまざまな健康指標を改善する可能性があります。

 

ケトは私に適していますか?

残念ながら、ケトダイエットは、すべての人に当てはまる万能の解決策ではありません。

始める前に、以下の要因を考慮してください。

  • 健康状態:健康上の懸念事項がある場合は、事前に医師に相談してください。
  • ライフスタイル:制限された食生活に耐えられますか?
  • 自炊:外食ではなく自宅で食事を準備し、毎日の食生活に集中する意思はありますか?
  • 水分補給:電解質はケトにとって非常に重要です。常に十分な水を飲み、電解質サプリメントの摂取を検討してください。
  • 焦らない:ゆっくりと始めることで、適応時に一部の人が経験する短期的副作用である「ケトフル」を最小限に抑えることができます。

まとめ

ケトジェニックダイエットは、体に蓄積された脂肪を燃焼しやすい体質に変えることで、体重を減らしやすくする減量方法です。

食事による血糖値の上昇が抑えられるため、ダイエット期間にありがちな空腹感に耐える心配がありません。

ただしケトを正しく行うためには、正しい方法を継続できる強い意志が求められます。

十分な情報を得て、準備ができたら、長年の生活によって蓄積された脂肪を減らすケトジェニックダイエットを始めてみましょう。