ひつじ博士のダイエット講座

博士(医学)が最新の科学に基づいたダイエットを紹介

ポキボウル:アメリカのおすすめ海鮮丼

poke-bowl

はじめに

色鮮やかでカスタマイズ可能なポキボウル(Poke bowl)は、角切りの生魚、ご飯、そして魅力的なトッピングが乗った丼でアメリカ全土を席巻しています。

単語のスペルは「ポケ」ですが、発音は「ポキ」が正しいようです。

(ちなみにアメリカでは「ポケモン」の発音も「ポキモン」です。)

ポキボウルは、ハワイの漁師の手軽な軽食として始まったものが、今では健康的なファーストフードの代表となっています。

アメリカでのポキの隆盛の歴史、その根強い人気、そしてあなたのお近くで最高の丼を見つけられる場所について、魅力的な物語をご紹介します。

ポケ丼の歴史

ポキのハワイのルーツ

ハワイ語で「切る」「横切る」という意味のポキは、漁師が新鮮な魚を有効活用する方法でした。

伝統的なポキは、マグロ(アヒ)やタコ(タコ)などの生魚を、海の近くでも入手しやすい海塩、海藻、ククイナッツ、その他のハワイ産の食材で味付けしたものです。

進化とアメリカ本土への到着

時が経つにつれ、この料理は日本料理や韓国料理、その他のアジア料理の影響を受け、進化しました。

醤油、ごま油、海苔やふりかけなどの食材が加わることで、ポキはさらに風味豊かなバリエーションが生まれていきました。

ポキは1970年代に新鮮で健康的な食への関心が高まったことにより、まずカリフォルニアなどのアメリカ西海岸で足場を築きました。

 

ポキボウルの魅力

カスタマイズこそ正義

ポキの魅力は自分だけのオリジナルなお好みの丼を作れるというコンセプトにあります。

タンパク質(マグロ、サーモン、豆腐など)、ベース(ご飯、野菜など)、トッピング、ソース - 無限の組み合わせがあります!

健康的に枝豆やアボカドを加えたり、スパイシーさを得るためにキムチをのせたり、私はマカロニサラダやカニサラダをトッピングするオプションが大好きです。

健康志向

ポキは健康志向のライフスタイルに合った、美味しくて満足感の高い料理です。

一般的に魚由来のタンパク質と良質な脂質、そして新鮮な野菜が豊富に含まれています。

味覚の冒険

ポキ丼は新しい味覚の世界への扉を開いてくれます。

伝統的なスタイルから新世代の融合まで、甘味、辛味、旨味など、誰もが楽しめるものがあります。

どこで食べられるの?

ポキ専門店

2010年代、ポキの人気が爆発的に高まりました。

カスタマイズ可能なファストカジュアルな丼を専門とするポキ専門店が、あちこちに開店し始めました。

レストラン以外でも

スーパーマーケット、フードトラック、そして従来のレストランとは異なる飲食店も、ポキをメニューに取り入れることで、全国的に手に入るようになりました。

おすすめのポキレストラン

アメリカで人気のポキ店

アメリカに行った際には、これらの高評価のポキ店をお見逃しなく。

  • Poké Bar(ポキバー、全米に展開するチェーン店)
  • Pokeworks(ポキワークス、全米に展開するチェーン店)
  • Sweetfin(スイートフィン、カリフォルニア州及びその他)

誰もが楽しめるポキ

お近くに専門店がない場合でも、お気に入りの寿司店やハワイアンレストランに聞いてみてください。

メニューにポキを追加してくれる可能性があります。

 

ハワイの郷土料理が全米に広がる

流行以上のもの

ポキは一時の流行を超えました。

健康志向で、自分の好みに合わせて美味しい食事を楽しみたい現代の食生活にぴったりな食材です。

米国食文化の一部に

ポキはシェフたちに革新をもたらし、クラシックなポキに新たなひねりを加えた料理を生み出しています。

ポキナチョスからポキブリトーまで、その可能性は無限大です。

まとめ

アメリカでポピュラーな海鮮丼であるポキボウルをご紹介しました。

「アメリカで生の魚を食べるなんて食中毒とか怖い」と思っていた時期が私にもありました。

しかし友人にすすめられてポキを食べてみたところ、その美味しさとカスタマイズの種類に感動し、帰国する直前には毎週1回は必ず食べる定番料理になっていました。

ただ日本では1000円も出せば豪勢な海鮮丼が食べられるところ、ポキボウルは日本円で2000円くらい軽くするので、なかなか食べられなかったというのが正直なところです。

とても美味しいアメリカ料理なので、アメリカに旅行や出張で行ったときには、ぜひ人気のポキ店で試してみることをおすすめします。