ひつじ博士のダイエット講座

博士(医学)が最新の科学に基づいたダイエットを紹介

「調子はどう?」なんて聞いてない!?アメリカのあいさつの話

saying hello

はじめに

旅行先など、新しい国で誰かに挨拶する正しい方法が分からず、ぎこちなく立ち往生してしまった経験は誰にでもあると思います。

世界中から人々が集まり、リラックスした社交的な雰囲気が特徴の米国は、適切な挨拶方法が分からなければ、誤解や問題が生じる場合があります。

旅行の準備中の人、良い印象を与えたいビジネスパーソン、あるいは単にアメリカの文化に興味がある人にとって、この記事は役に立つでしょう。

アメリカで正しいコミュニケーションをとりたくありませんか?

米国でどんな状況でも自信を持って挨拶できる自分を想像してみてください。

ぎこちない沈黙も、日本人特有の愛想笑いも、場違いな感覚もありません。

代わりに、最初の「こんにちは」から他の人とつながり、関係を築くことができます。

 

適切な挨拶をすることで得られるメリット

米国での挨拶のニュアンスを学ぶことで、いくつかの良い点があります。

スムーズなネットワーク

ビジネスの成功は、多くの場合、強力な人脈に依存します。

良い第一印象を与える方法を知っていなければ、この出会いのチャンスを逃すことになります。

文化への浸透

挨拶を理解することで、アメリカの価値観や社会の流れを理解することができます。

アメリカの文化を知らずに、彼らに理解してもらえると思いますか?

日常生活の容易さ

コーヒーを注文する時も、新しい友達を作る時も、適切な挨拶はあなたを安心させ、交流を楽しくします。

というか、アメリカでは日本のように無言でお店に入って、無言で出ていくことはできません。

絶対に店員さんたちは、あなたに挨拶してきますし、それに返答しなければ危険な状況にもおちいりかねません。

場面別アメリカでのあいさつ

では、実際に米国ではどのように挨拶すればよいのでしょうか?

以下に、一般的な状況とそれぞれの状況における最適な挨拶をまとめました。

カジュアルな場面

  • 「Hey」または「Hi」これらは最も汎用性の高い挨拶で、友人、知人、見知らぬ人など、誰にでも使用できます。エレベーターでも、とりあえず「Hi」と言っておけば大丈夫です。
  • 「What's up?」親しい人やカジュアルな会話を始めるのに最適な、親しみやすくフレンドリーな挨拶です。大学生たちがよく使っている印象でした。大人はあまり使わないかな。
  • 「How's it going?」誰かに挨拶するもう一つのリラックスした会話的な方法です。職員同士や先生を相手にしても使ってました。フォーマルよりな挨拶かも。

フォーマルな状況

  • 「Hello」または「Good Morning/Afternoon/Evening」ビジネスミーティングや目上の人への挨拶に最適な、シンプルで常にプロフェッショナルな挨拶です。
  • 「Nice to meet you」特にビジネスシーンで、新しい人に紹介されたときの表現です。日本では古い表現のように言われることもありますけど、アメリカでは初対面の時に普通に使っていました。

挨拶への返答

誰かに挨拶されたら、以下のように返答しましょう。

  • 「Great, thanks. How about you?」ほとんどの状況で使える定番の返答です。アメリカでは、あなたは常にグレートでなければなりません。
  • 「Not bad!」カジュアルな代替表現です。でも日本人以外が使っているのを聞いたことがありません。あなたが悪くない状態であること、それは常に★5なのです。
  • 「I'm doing great, thank you」少しフォーマルですが、非常に丁寧な表現です。アメリカでは強くなければ生きていけません。

追加のヒント

  • 笑顔!アメリカ人は、挨拶をする際に、親しみやすさ、温かさ、アイコンタクトを大切にします。アジア系でも中国人はしっかりアイコンタクトするのに、日本人や韓国人は目を合わせないので、アメリカ人に悪い印象を与えるようです。挨拶するときには、相手の目をしっかりと見ましょう!
  • 握手ビジネスシーンでの標準的な挨拶です。しっかりと握りしめ、しかしぎゅっと握りすぎないようにしましょう。コツとしては、ひじと手首を固定して、手のひらは少し開いた状態でハンドシェイクすることです。動かない手は、あなたの自信を示します。
  • 名前相手が誰だか分かっている場合はファーストネームを使い、フォーマルな場合は「Mr.」または「Ms.」とラストネームを使いましょう。アメリカではフレンドリーであることが大切にされます。可能な限り、ファーストネームやあだ名で呼び合うようにしましょう。

 

知っておきたい「What's Up?」の秘密

最もよく使われるアメリカ英語のフレーズの一つである「What's Up?」は、文字通りには「調子はどう?」という意味ですが、ほとんどの場合、カジュアルな挨拶として使われます。

相手はあなたの調子を聞いているわけではないので、詳細な回答をする必要はありません。「What's up?」「Hey」「Not much」と返答すれば十分です。

まとめ

さあ、米国の挨拶の世界に挑戦する準備はできましたか?

この新しく得た知識を自信を持って、アメリカ人と接するときに活用してください。